会員ログイン
  • 支部長からのあいさつ
  • ご近所の整備工場
  • 自動車税と諸費用あれこれ
  • マイカー保守管理
  • 点検整備での故障例
  • ドライバー便利ダイアル
  • Link
  • 浦和支部活動報告
  • お問い合わせ

前面ガラスにこのステッカーが貼られているクルマは今月定期点検を行う必要があります。

グッドオアシスキャンペーン

浦和支部活動報告

前のページへ戻りますトップページへ戻ります

浦和宿祭り

  常盤公園において浦和宿祭りが行われました、浦和支部も参加して子供運転免許証を発行し啓蒙活動しました。 好天にも恵まれ138件もの子供運転免許証を発行することができました   


第2回 AED救急救命講習会

  (社)埼玉県自動車整備振興会浦和支部指導研修部および青年部CS部会は共催で、AED救急救命講習会を開催しました。今回は支部では2回目の講習会です。前回が評判をとり、昨年11月にひきつずいて実施しました。 2月15日夜皆さん仕事を終えてつかれていましたがときわ会館に集合。総勢26名、女性の方がまた増えて6名の方が参加して下さいました。さいたま市浦和消防署救急第一課救急隊の先生のご指導の下、皆真剣に勉強しました。食い入る目は前回同様、細大漏らさずという意識は一つ一つの事項をメモに取って確認して、忘れないようにしようとする姿勢がカメラ越しに入ってきました。 すばらしいもので、お互いに励ましあい、助け合い、補い合い、という実技でした。連携で心肺蘇生、人工呼吸、AED操作などを自然と分け合って救護する姿が印象的でした。 最初は皆、恥ずかしくて小さな声で確認していたのでしたが、次第に隣のグループの声がおおきな響きになって聞こえてきて、隣の人と連携をしながら教えあっての勉強に変わっていました。 こういった講習をすることで、お互いの信頼感を確かめられるような気がします。人はすごいもので、真剣になると知らないもの同士でもチームを組み、「助ける」ということに一丸となって行動できるのだと、やっていてうれしくなる時がありました。皆自然にニコニコしてくるのは何故なんでしょうか?人を助けるのだという「意識の共有」ができることのうれしさなのでしょうか?とてもすばらしい実感、体験でした。また、開催できればと思います。       


AED講習会

  振興会浦和支部は去る11月16日(金)さいたま市ときわ会館に於いて、指導研修部会主催の、AEDの使用および救命処置講習会を夜間の時間を使い開催しました。 さいたま市消防局浦和消防署救急スタッフの講師をお迎えして実技主体の講習を行いました。 座学では、講師の先生のお話に真剣に耳を傾け集中しました。誤って覚えるということがどういう結果に結びつくかを想像して誰もが真剣そのものでした。 修理屋の日常の仕事の失敗の緊張感とあいまって誰もがいい加減な人はひとりもおりませんでした。 また、実技講習では、全員が体で覚えようと、2分間ぐらいの心肺蘇生の実技にも汗を流して頑張りました。 AEDの使用についても、最初にあった使用の怖さも払拭されて、いざというときには、自分が操作できるという自信を得ました。 女性の方の参加者3名も居られ、一生懸命救命技術を体得する姿は、ほかの教習者にも感動を与え、人として何かの場面で役立てたいという参加意欲を掻き立てました。 また、講習を企画できれば、より上級の講習会も企画していきたいと思っております。 さいたま市には、全部の市の公共施設にAEDが配置されております。これをもしもの時には是非役立てたいと思います。     


南区 区民まつり

  浦和競馬場において南区区民まつりが開催されました。 浦和支部も自動車整備の啓蒙の為、参加しました。 子供免許証の発行、運転適性診断のほかに水ヨーヨー釣りも行いました。 子供免許証185名、運転適性診断20名、水ヨーヨー300個と多くのお客様に来ていただきました。     


緑区 区民まつり

  大崎公園において緑区区民まつりが開催されました、今回も子供免許証の発行、運転適性診断を行いました。 タイヤ交換の体験コーナーの設けましたが、あいにくの雨の為、参加者は少数でしたが時折、雨が止んだときには熱心に参加される方がいました。     

前のページへ戻りますトップページへ戻ります